のぶおテイルズ雑記林

ザレイズの記事を中心に色々書きます。

【隠れた駄作】サモナーズリネージをクリアしたので簡単にレビュー&感想


f:id:meganuoo0195:20190817223753j:image

はい、お久しぶりです。ようやくクリアしました長かった!

実はSRPG始めてでしたので新鮮な気持ちでプレイ出来ました。が、タイトルの通りに本作は自分の中では駄作と言わざるを得ないです。

という訳でいつもの感じのレビュー感想記事です。

モナーズリネージって?

舞台はファンタジアから数百年後

なりダン無印がファンタジアのすずの時空から数年後でしたが今回はさらに未来です。

クラースの子孫フレインが主人公で彼以外にも様々なオリジナルキャラ、そしてファンタジアメンバーによるSRPGが本作になります。

 

本作のシステム

基本的にはSRPGですのでユニットを動かしていって敵とぶつかったらバトル、最終目標の敵を倒したらミッションクリアという流れです。

本作独自のシステムとしてユニットの召喚戦闘によるレベル上げがあります。

本作は初期配置されてるユニットは主人公のフレインのみです。毎ターンマナポイントが貯まっていってそのマナポイントを消費してユニットを召喚していきます。

またユニットのレベルは戦闘をこなして敵を倒していけば上がっていって、ステータスが上がっていきます。

あとフレインが敵のユニットを倒すとその種類のモンスター未契約だった場合契約して以後召喚できるようになります。(ラタトスクの騎士でモンスターゲットするのと似た感じです)

その他にもクラスチェンジやスキルなどのシステムがありますがここでは割愛します。

 

本作の良かったところ

魅力的なオリジナルキャラ


f:id:meganuoo0195:20190817223807j:image

本作のキャラデザ好きなんですよね。

シリーズお馴染みの奥村大悟氏のデザインです。

味方キャラと恐らく敵キャラもデザインされてるのかな?

恐らく今後日の目を見ることはないかもしれませんが、ここで終わるのは勿体ないと思ってしまうようなキャラばかりです。

ザレイズ頑張って(無茶ぶり)

ゲームだと顔グラと戦闘ドットしか見れないのが残念なので今度テイルズオブ大全買おうかなと考えてるくらいには本作のキャラデザがすきです。

 

有用すぎる中断セーブ機能

このゲームは中断セーブがあるのですが、中断セーブとは名ばかりでロードしても消えることは無いです。

つまりどこでもセーブができるのです。

シミュレーションRPGは長丁場になりやすいのでその配慮でしょう。

実際これを駆使しまくってプレイしてました。

将棋のまったみたいにプレミしたらやり直して…みたいな感じでちょっとずるいですけどね笑

 

中断セーブがなかったらおそらく本作投げてたと思います。それくらい助かりました。ありがとう。

 

本作の良くなかったところ

ほぼ死に要素の契約ユニットシステム

本作はかなりの種類のユニットを召喚できるようになるのですがその中で役に立つのはごくごくひと握りです。

というのもこのゲームはあとから契約したモンスターを育てることが難しい仕様になっているからです。

まず、契約したモンスターの初期レベルは当然1です。

レベル1ですとどんなに頑張っても初期配置されている敵に勝てない(敵のレベルは8とか10だったり)のでマナを払って召喚してもやられるだけで終わってしまいます。

敵を倒せればレベルを上げられるのですがそれができないんですね。

さらに敵も味方ユニットを倒すとレベルが上がるのでむしろ完全に足を引っ張ってしまいます。

ですのでどんなに終盤で新しくモンスターと契約しても召喚する価値がないのです。

また、苦労して育ててもふとした事で敵にやられてしまったら復活ができないので尚更です。

契約したユニットを使うのはハイリスクローリターンですので最初は使ってもだんだん使わなくなっていくんですよね。

代わりに使っていくようになるのは仲間ユニットです。

仲間ユニットは契約以外でストーリーで加入したユニットのことです(クレスとかチェスターとかです)

仲間ユニットは倒されても次のステージからまた使うことができる(レベルも倒される前のステージのレベルを引き継ぐ)ので育てる価値が高く、またステータスも全体的に高めですので序盤中盤終盤契約ユニットに頼ることはほぼ無く、仲間ユニットのみの攻略になります。

モンスターなんていらねえんだよ!

 

劣悪すぎるキャラバランス

このゲームのユニットのキャラバランスはかなり極端です。

まず主人公のフレインがめっちゃ強いです。

味方が敵に倒されると敵が強くなる仕様上迂闊に弱いユニットは召喚できません。

なので序盤の攻略はフレイン単騎で突き進むのがとても安定します。シミュレーション完全否定ですね。

もちろん攻略にかなり時間がかかってしまいますが、逆にそれ以外の攻略はかなり難しいので(前述した通り契約ユニットは基本的に使いにくいです)仲間ユニットが揃う中盤までは基本的にフレイン単騎で頑張るゲームになってしまいました。

他にもクレスやマイラといった戦士キャラがかなり強いです。

初期マナが少ない、敵に味方が倒されると大幅に損をしてしまう、1部の壊れユニットの存在から結局終盤も少数精鋭で敵を全滅させていくのが安定します。

無双ゲーですね。

自分はシミュレーションRPGってこういうゲームなんですかね(・ω・;#)?

もうちょっとバランスに気をつけて欲しかったです…

 

良くも悪くも薄味ストーリー

ストーリーはかなり普通です。

生みの親を人間に殺された魔王ゼクスが人間を滅ぼそうとするのを止めるお話です。大体こんな感じ。

仲間キャラも色々因縁があってフレインの旅に加わるのですが、家族を殺した兄を探しているとか夫をオークに殺されたからとかそんな感じです。

良くいえば王道、悪くいえば見飽きたストーリーですね。

あと何故かマルチエンディングみたいです。

ファンタジアメンバーに関しては正直いるだけでした。

オリジナルキャラとの絡みあまりないんですよね。

ストーリーでも喋るのはほとんどフレインですし。

一応ファンタジアの世界観の続編として多少は期待してたのですが、未熟な主人公達を引っ張って成長していくとかそういうのは一切なかったのがとても残念でした。

 

 

なんかグチグチ語ってしまいましたが以上です。

自分としてはこのゲームはかなり残念な出来とさせて下さい。

あんまり評判良くなかったゲームを遊んでみたら案の定良くなかったって感じですね。

それではノシ

ブロスタというゲームについて語りたい


f:id:meganuoo0195:20190815142704j:image

こんにちは。お久しぶりです。

普段ザレイズの記事ばかり更新しているわけですがもちろん他のゲームもプレイしております。

今1番熱を入れてるのはブロスタというゲームなんですね。

このゲームすごく面白くてよくできているんで少し紹介をば、という記事です。

ブロスタって?

ブロスタはMOBAというジャンルに属してると思います。

MOBAというのは他人とチームを組んで勝利を目指すというようなジャンルで(少し違うかもしれません)有名なのはリーグ・オブ・レジェンドというゲームですね。

 

MOBAをとてもカジュアルに

MOBAというジャンルは賞金付きの大会が開かれたりと熱狂的な人気があるのですが、このジャンルのよろしくない点として敷居が高いんですよね。というのも

  • 覚えることが多め(キャラ相性やシステム)
  • 他人と連携を取らなくてならない
  • ひと試合が長め(1時間とか普通にかかることも)

という遊ぶのにちょっと腰を入れなければならないんですよね。

そこでブロスタはMOBAというジャンルをより手軽によりカジュアルに楽しめるようなゲームデザインされています。

具体的には

①操作がとてもシンプル

ブロスタの操作はとても簡単です。


f:id:meganuoo0195:20190814154913j:image


f:id:meganuoo0195:20190814154918j:image

左スティックで移動!


f:id:meganuoo0195:20190814155019j:image


f:id:meganuoo0195:20190814155032j:image

右スティックで狙いを定めて射撃!

(狙いは雑ですが素早く撃てるオートエイムもあります)

f:id:meganuoo0195:20190814155202j:image


f:id:meganuoo0195:20190814155102j:image

攻撃を当てると必殺技ゲージが溜まって満タンになると必殺技(ウルト)が使えます!

(黄色いドクロのマークみたいなやつを押せば使えます)

以上です。まとめると

  • 移動
  • 射撃
  • 必殺技

だけなんですね。たったの3つです。

2Dのスプラトゥーンみたいな感じです(ゲーム性も似ています)

 

②1試合が短い

ブロスタはひと試合せいぜい長くて2〜3分です。ですのでスキマ時間とかにサクッとプレイできるわけです。ロード時間も爆速、マッチングも基本的に爆速ですので5分もあれば1試合、欲張って2試合できてしまいます。

また、この手のゲームで辛いのは野良で地雷とマッチングした時(明らかに勝つ気がないプレイとか放置とか)とか実力差がありすぎて一方的な試合だったりした時なんですよね。

そういう試合ですともうプレイするのが苦痛なわけです。

ブロスタは1 試合がとても短いのでそういう輩とマッチングしてもすぐに終わるわけです。

 

従来のMOBAよりかなり敷居を下げて遊びやすくいゲームというのがブロスタというわけ です。

 

ブロスタの魅力

個性的なキャラ達

ブロスタのキャラはかなりファンシーなデザインです。例をあげますと


f:id:meganuoo0195:20190814165858j:image

二丁拳銃使いのコルト(先程の操作説明の時に使っていたキャラです)


f:id:meganuoo0195:20190814165934j:image

バットのスイングで攻撃する女ヤンキーのビビ


f:id:meganuoo0195:20190814170016j:image

二丁ショットガンを装備したロボットのダリル

とかなりデフォルメで個性的なキャラばかりです。

このようなキャラ達が現在27種類います。

もちろんキャラが違えば性能が違いますので1人のお気に入りのキャラを見つけて極めるもよし、色々なキャラを試してみるもよしです。

 

色々なルールで遊べる

ブロスタは様々なルールでプレイ出来ます。

とのルールも基本的には3VS3のチーム戦です。例えば

一定時間マップの中央から出てくるエメラルドを奪い合うエメラルドハントf:id:meganuoo0195:20190814171257j:image

お互いの陣地にある金庫を先に破壊した方の勝ちの強奪f:id:meganuoo0195:20190814171946j:image

真ん中の箱みたいなやつを先に破壊したら勝ちです。


f:id:meganuoo0195:20190814172008j:image

また、ソロ専用(2人でできるverもあります)のバトルロイヤルもあります。最後の一人になったら勝ちです。

 

このように色々なルールがあるので飽きにくいです。

また、ルール毎に向いてるキャラ向いていないキャラがあるので特定のキャラばかり見かける!みたいなのはあまりないですね。

(現在のバトロワシェリーだらけですが)

 

モチベを保ちやすいトロフィー制度 

ブロスタはレーティング制を採用しています。

ですので今インストールして始めてもガチ勢に蹂躙されて何も出来なかった、みたいなのは起こりません。

初心者は初心者が上級者は上級者がマッチングしやすいようになってます。

トロフィーはキャラごとに設定されていて試合に勝つと上がって負けると下がります。自分の実力の指標が数字になっているのでトロフィーを上げる楽しみがそのままプレイのモチベになりますね。


f:id:meganuoo0195:20190815141757j:image

キャラ毎にトロフィーが設定されています。

苦手なキャラは目も当てられないくらいトロフィーが低かったり(;´Д`)


f:id:meganuoo0195:20190815141843j:image

キャラ毎のトロフィーの合計が総合トロフィーになります。

トロフィーを上げていく度に報酬が貰えます。

これもモチベになりますね。

 

比較的良好なキャラバランス

このゲームはキャラバランスは結構いいです。

もちろんちょっと弱いかなと思う弱キャラやこのキャラ強くない?と思ってしまうような強キャラもいますが結論パみたいなのはないので親の顔より見たメンツみたいなのは現状ないです。

またキャラ間にじゃんけん的な相性差が存在していて基本的にどのキャラも致命的に相性の悪い(PSがどんなに良くても勝てない)キャラが存在するので上位勢ではうまくメタが回ってたりしてるみたいです。

あと定期的にキャラのバランス調整がされてたりしますね。

 

 

まあなんというかこんな感じです。

正直文章で魅力を伝えるのがこんなに難しいとは思わなかったです。

という訳ブロスタの紹介でした。

それではノシ

【ザレイズ】また神アプデが来てしまった


f:id:meganuoo0195:20190731183137j:image

今までで1番の神アプデですね。

今回のアプデも中々の盛りだくさんです。

アプデの内容を一言で表すならより遊びやすくなったという感じです。

では早速内容を見てみましょう。

(例にも漏れずほぼお知らせの通りです)

神すぎるアプデ内容

オーバーレイ魔鏡の上方修正

オバレの効果が全体的に強化されました。

化内容はこの記事にまとめました。

オーバーレイ魔鏡はタンクとして使おう - のぶおテイルズ雑記林

今までのオバレはお世辞にもMGの割に合わない性能でしたのでこの修正はGoodですね。

ぱっと見た感じアスベルとエミルのオバレがかなり強くなったみたいですね。

 

復刻イベントの追加

復刻イベントに

  • ロゼデゼルイベント
  • 2018年バレンタインデーイベント
  • 2018年ホワイトデーイベント

が追加されました。

久々に復刻イベントの追加が来た気がします。

そろそろイベント復刻も実装から1年くらい経つんだなあと。

アルヴィンとアニスは未だに季節魔鏡が来てないので中々ガチャで手に入れる機会が無かったのですが、復刻によって簡単に装備を揃えられるようになりました。

 

精霊片クエストが常設

強化クエストに精霊片をゲットできるクエストが追加されました。

エストはそれぞれ手に入る精霊片が1種類で、(イクスの精霊片クエストはイクスの精霊片しかドロップしない)

  • イクス、ミリーナの精霊片クエスト→イクスとミリーナのみ出撃可。1日計2回まで
  • スタン、リオン、ヴェイグの精霊片クエスト→それぞれのキャラ1人のみ出撃可。1日計3回まで

という仕様です。(例えばイクスのクエストに2回行ったらその日はミリーナのクエストには行けません)

とりあえず毎日こなしていればそのうちみんな精霊装レベル5まで上げられそうですね。クエストのドロップ数も精霊装イベントとは何だったのかと言わんばかりのドロ数で、ダイヤ返してと言いたくなること請け合いです。

正直それでいいのか精霊装と思ってもしなくもないですがコツコツ精霊装を育てていきましょう(`・ω・´)

塔のデイリーといい毎日こなすクエストが増えてきましたね。

 

装備の強化の演出が簡略化

装備を強化する時のアニメーションが廃止になりました。

強化すると簡単に強化しましたよーくらいの演出になりました。

前の演出は一々画面が切り替わるせいで装備の強化をするだけでも一苦労だったのでこの修正はありがたいです。とてもありがたいです。

以前のアニメーションを作ってた人からしたら溜まったものではないかもしれませんが、正直前のキャラ強化は拷問レベルでストレスが溜まってのでこれを機に強化してないキャラを纏めて強化作業を終わらせようかと思います。

今回の神アプデポイントの1つです。

 

起動時間が短縮

これめっちゃありがたいです。

以前のザレイズはガチで起動時間待つ間に他の作業できるレベルだったんでソシャゲなのに始めるのに気合が必要だったんですよね。

空いてる時間にちょっとザレイズやろって感じじゃ全然なかったですね。

それがかなり早くなりました。右下のバーが止まらずに動くの初めて見ましたよ。

もちろん自分の機種によって時間は差があると思うのでスペックの低い端末の人はまだまだ長いかもしれません。

自分はAQUOSZEROっていうAndroidでは高いスペックの機種を使ってるのですが、起動時間は約半分かそれ以上になりました。速い。

これでザレイズを始めるハードルがかなり低くなったのでよりザレイズをプレイしやすくなりました。

ありがとう運営さん。(できれば精霊装イベント中にして欲しかった…〇rz)

 

全体的に動作が軽くなった

神アプデポイント2つ目です。

これはアプデの内容に載ってなかったのですが動作のカクツキが少なくなりました。

なにより宝箱で止まらない全体的なロード時間の短縮されてもはや別ゲーです。

今までAndroidでスペックの高い端末を使ってるのにカックカクでのプレイを強いられてきたんですが、おそらくAndroidにも最適化されたんでしょうね。

ようやくAndroidも人権を得たんだなって。 

【AQUOSzero】Androidはやっぱりザレイズに向いてないかもしれない - のぶおテイルズ雑記林

こーんな記事も挙げてたくらい絶望してました。

塔の周回や精霊装の周回と近頃のザレイズは周回する機会が多くなって来たのでこのに来て端末間格差の是正をしてくれた運営さんには頭が下がりますね。

正直このアプデはくっそ大変だったんだろうと察しますが、しっかりPレターの宣言通り有言実行してくれたのはとても嬉しいです。

 

こーんなかんじです。

正直以前からハイスペiPhone端末使ってた人にとってはあまり恩恵のないアプデですね。

これからもよりゲームが遊びやすくなるようなアプデに期待しています。

 

それではノシ

なりダン2をクリアしたので簡単に感想&レビュー


f:id:meganuoo0195:20190730120146j:image

さて、なりダン2のレビューです。

なりダン2は多分テイルズ初のお祭りゲー、ザレイズの祖先みたいなものですね!(?)

 

いつもの如く感想です。

なりダン2とは

2とついてますがなりダン無印とは全くの別ゲーでした。

なりダン2は一言で表すならファンタジア〜エターニアまでのお祭りゲーです。

参戦作品は初期三作、登場PTキャラは22人(ファンタジア6人、デスティニー9人、エターニア7人レイスやリオン含めて全てのパーティキャラが参戦しています)というものになってます。

それをゲームボーイアドバンスでプレイできてしまう!

なんて凄いゲームなんだ。

なりダン無印の服によるなりきり要素はそのままにそれに歴代テイルズメンバーによるお祭り要素を加えたのが本作になります。

 

なりダン2の良かったところ

戦闘システムのクオリティが高い

なりダン2は無印と違ってしっかりリニアモーションシステムです!

ベースはエターニアで、ハードの制約上晶術や一部の技によって止まってしまうというのですがかなり再現度が高いです。

GBAファンタジアはかなりもっさりな戦闘でしたが、なりダン2は特に気にならないゲームスピードになっていてよく出来ています。

更にクレスの冥空斬翔剣、リッドの極光剣といった必殺技がしっかり再現されていたり、クラースの精霊術や上級晶術(メテオスウォームとか)もテンポが悪くならないように演出が短めながらもエフェクトが綺麗だったり細かいところまで作り込まれているので色々なキャラを触れば触るほど愛のあるクオリティに感動します。

 

当時のパーティメンバーが全員参戦

これも凄いですね。

原作ではチョイ役だったレイスもしっかりいるのがポイント高いです。

もちろん当時のテイルズキャラの総数が少なかったという事情もありますが、GBAというハードに甘んじずしっかり全員実装する、しっかり全員のキャラを作り込むというスタッフの熱意は中々だと思います。

 

ゲーム全体のテンポのよさ

このゲームは後続のマイソロシリーズと同じでクエストを何回かこなす→メインストーリー→クエストをこなすという流れなのですが、ひとつのクエストが早くて10分程度、目的を達成したらぱっと街まで帰ってきてすぐに次のクエストを受けられる、心地良ささえ感じるレベルでテンポがいいです。

メタ的なことを言うなら容量の関係で街を歩き回ることが出来ないことによる賜物ですが、携帯機ですので軽い気持ちでできるのはとてもいいですね。

現代のソシャゲに通じる部分があると思います。

当たり前ですがGBAですのでロード時間は皆無です。

エンカウントしてから戦闘が始まるまで1秒未満、戦闘が終わってリザルト画面が出るのも1秒未満です。

戦闘のスピードの速さも相まってなりダン2自体のゲームテンポも非常に良くなってるんですね。

 

良くなかったところ

パーティ編成の自由度が低い

このゲームは戦闘メンバーにフリオとキャロを外すことができません。

ですので必然的に戦闘メンバーは

フリオとキャロ+テイルズキャラの誰か

という編成にならざるを得ないです。

ザレイズに例えるとイクスとミリーナは絶対パーティに入れないと入れなくて外せないみたいな感じですね。

ですのでテイルズメンバーでパーティを組むにはフリオとキャロになりきらせるしかないのですが、フリオは男キャラキャロは女キャラにしかなりきれません。

だからクレススタンリッドの主人公トリオでパーティ組むぜー!というのは出来ないんですよね。

お祭りゲーでこれは痛いです。

またパーティを組む時は街にいるテイルズキャラに声をかけないといけなくてお目当てのキャラが街にいるかは完全にランダムです。

エストをクリアする度にパーティは解散になるのでずっと同じパーティを使うというのもできません。

正直毎回メンバーが変わるのでこれはこれでありだと思うのですが煩わしさを感じる面もあります。

 

キャラバランスが歪

1部の前衛キャラは画面が止まる技を持ってます(ジョニーのミラクルボイス等)

止まってるあいだは敵が完全に動かないですし、一方的にダメージを与えられるのでそれだけでかなり強いですし該当技を持ってるキャラは必然的に強いです。

極めつけがダオスでダオスレーザーが端から端まで届く超範囲を止まって撃てるのでこれを連発するだけで勝てます。

もはや作業です。

また技が少ないレイスやテイルズキャラ以外のなりきり服はどうしても劣るし使いにくいです。

前作のなりダンではにんじゃがしらのようなテイルズキャラ以外の服でも強いものはありましたが今作だとテイルズキャラ>他のなりきり服という力関係ですのでフリオとキャロ本人たちを使いたいというのは難しいですね。

 

ストーリーが微妙

ストーリーはほぼおまけみたいな扱いでした。

シナリオは5回くらいでおしまい、敵勢力は1人だけであっさりしています。

前作なりダンが結構ストーリー凝ってたので少し期待していたのですが良くも悪くもお祭りゲークオリティのストーリーでした。

 

クリア後のやり込み要素がない

ラスボスを倒してしまうと隠しダンジョンや隠しボスがいないので強い服を揃えてしまってもその服きて何処に行く?状態になってしまいます。

モチベが保てないんですよね。

せっかく色々な要素があるのに勿体ないなあと感じてしまいます。

容量の関係ですかね(`・ω・´)?

 

総評

  • GBAながらしっかり作りこんでいます。凄い
  • 初期三作が好きなら絶対楽しめます
  • ストーリーに期待すると肩透かしかも

 

こんな感じです。結構今でも楽しめるゲームです。未プレイの方には是非オススメしたいですね。

 

それではノシ

【異色な移植作】GBA版ファンタジアをクリアしたので簡単に感想&レビュー


f:id:meganuoo0195:20190719214426j:image

GBAテイルズ初クリアです。

久々にファンタジアをプレイしましたがやっぱりファンタジアは名作です。

やったことないひとは是非ともGBAじゃなくていいんでプレイしてみて欲しいですね。

というわけでGBAのファンタジアはほかのファンタジアとどう違うの?という点だけ紹介します。

ベースはスーファミ

のちのファンタジアの移植作品はベースが全てPS版です。

容量の関係もあってGBA版ファンタジアはスーファミベースですので細かな点がかなり異なります。

スーファミ版をベースにバランス調整やクレス達のグラフィックをPS版に寄せているので他にない独特なファンタジアになっています。

また独自要素として

  • ミントがCVこおろぎさとみに変更出来るボイス変更機能
  • クリア後のおまけシナリオのレッツゴーアーチェ
  • モーリア坑道のさらに深部にドワーフの神殿

といったものがあります。

スーファミ版に独自の要素を入れて移植作品としてはかなり手が入ってるといえますね。

ファンタジアが好きな方なら1度プレイしてみる価値はあると思います。

 ただやはりGBAという携帯機に移植しているのでどうしても無理だった部分もあったみたいです。

 

以下GBA版の良くなかった点を挙げます。

良くなかった点

戦闘がもっさり

なんか戦闘のスピードがかなり遅いです。

後にPS版と比べてみても目に見えてわかる程度には遅いですね。

処理落ちしているのか仕様なのかは分かりませんが結構ストレスが溜まります。

ただゆっくりな分簡単ではあるのでサクサク進められてその点は良かったです。

あとハメも容易でした。

そのせいで戦闘が作業感あるのは否めないですけどね。

 

戦闘バランスが悪い

序盤(過去に来てすぐ)にミスティシンボル(詠唱時間が半分になる)とフェアリィリング(消費TPが半分になる)が揃ってしまいす。これをアーチェかクラースに付けるだけで高速で術を撃てるようになるので序盤から一方的に敵を蹂躙出来ます。

挟み撃ちになっても後衛に敵を寄せ付けられないくらいには詠唱が早いです。

この2つをゲットしたらかなりヌルゲーというか負ける要素なしですね。

 

BGMがしょぼい

これも携帯機の宿命ですがBGMはかなりチープになりました。

ゲームボーイのなりダンはかなりBGMは頑張っていたのですこしは期待してたのですが順当に携帯機クオリティに成り下がってる感じですね。

でもPSP版リバースよりかは元のBGMに近くなってるの思います。

 

 

まとめ・総評

元のファンタジアが素晴らしいゲームですのでかなり楽しめました。

ファンタジアというゲームの面白さはかなり据え置いてます。

またファンタジアを遊んだことのある人もGBA版にしかない独自要素もあるのでそれ目当てに遊ぶのもかなりありです。

しかしながらGBAという都合上どうしても仕方ない部分もかなりあります。

そこにどこまで目をつむれるかという点はこのゲームの欠点ですね。

 

 

とりあえず簡単ですがこんな感じです。

それではノシ

【書評】小説版なりダンほかなりダン関連の書籍を簡単に紹介


f:id:meganuoo0195:20190718213030j:image

なりダンの沼に浸かりつつあります。

というわけでなりダン関連の本を4冊ほど買いました。

買ったのは

です。

全部アマゾンで1冊500円くらいで買えました(送料込です)

なりダンはGBのドット絵ですので公式イラストが見たかったんですよね。

あと服もコンプできる気がしなかったので資料として上二つは買いました。

では順に紹介します。

公式ガイドブック


f:id:meganuoo0195:20190718213217j:image

普通のファミ通クオリティの攻略本といった感じでした。

ただ随所のイラストとワールドマップのイメージ画像みたいなのはこの本しかなかったですね。

あとはほとんど超着こなし術のほうが良かったかなあという感じです。

公式ガイドブックですからこんなもんですね。

表紙の質感とかはかなり好みです。

 

超着こなし術


f:id:meganuoo0195:20190718213239j:image

藤島先生のインタビューが載っていて

ディオメルの公式絵が纏まって見れるのでそれだけでも買う価値ありです!

(公式絵自体は公式ガイドブックにも載ってます)

あとデータとか攻略情報もこちらの方が詳しく載ってます。

後出し攻略本なんで比べるのは酷ですが1冊だけ買うならこちらの方がオススメです。

公式絵のディオメルがとてもあざといずるい。

 

小説版

小説版です。原作ディオメルがほとんど喋らなかったのでかなり補完多めです。

まずオリジナルキャラとしてディオメルを拾った夫婦が出てきます。(普通の人間です)

またなりきり師という設定にも少しアレンジを入れていて普段のディオメルが子供っぽい性格にかなり納得のいくような理由付けがされていてライターさすがだなあと感嘆してしまいました。

細かな変更点はありますが概ねゲーム版と同じですね。

ストーリーでの大きな変更点としてダオス討伐後のクレス一行が元の時代で何をしているのかかなり尺を使って描いてます。

なりダンでは触れる程度にディオメルに力を貸す程度の出番できたが、小説版だとかなり出番が多くてそれでいてディオメルを喰わないくらいの塩梅になっているのでファンタジアの続編としてもかなり出来がいいです。

ファンタジアは好きだけど今更なりダンをやるのは億劫という方には小説版はオススメですね。

ただ1つ不満点がありまして終盤かなり駆け足でストーリーが進みます。

そこが少し残念だったですね。

ディオメルが自分と向き合うところ、ダオスとの会話はどのように描かれるのだろうと思って期待していたのですが存外あっさりと終わります。

ファンタジアメンバーの尺を少し削ってでもこっちを増やして欲しかったかなあと思うのですがディオメルと前作メンバーとの絡みがかなり良く描けてるので仕方なしですね。

ただゲーム版であった哲学的要素は皆無ですになってます。

あれはゲームならではの演出みたいな所があるのでどうしても小説という媒体では難しいところですね。

あとクルールがとても可愛いです。飼いたい。

 

とりあえずこんなところです。最近GBA版ファンタジアもクリアしたので近々記事にします。

それではノシ

【ザレイズ】精霊装イベント改善されすぎててびびる

 

 



f:id:meganuoo0195:20190713161447j:image

精霊装イベントめっちゃ遊びやすくなってびびる。

 

久々に精霊装イベント来ましたね。前回のイベントはお世辞にも精霊装を作らせる気皆無なイベントでしたし、ガチャやら色々あって不満の多いイベントでしたがユーザーの要望に答えることに定評のあるザレイズ運営さんはガッツリイベントを修正して帰ってきました。

具体的にどのへんが変わったか見ていきましょう。

精霊装をガチャ無しでレベル3まで作れるのか? - のぶおテイルズ雑記林

前の精霊装イベントの記事です。もはや懐かしい

上位ボーナスとして交易品が追加に

精霊装レベル1だったら交易品がプラス1、

レベル5だったらプラス5ボーナスで貰えます。これがとっても大きい変化です。

前のイベントはAP40使って多くて交易品のドロップが4個とかざらでした。

ボーナス導入でパーティ全体のボーナスがプラス10だったりするとAP40で確定で11個ドロップしちゃうわけです。やばいやばい。

(ボスの確定ドロップ+ボーナスの10個)

これによってガンガン交易品を回せちゃうわけですね。

 

初回配布精霊片が大幅に増えた

具体的にはパネルミッションとクエスト初回クリア報酬で貰える精霊片がかなり増えました。

これによってとりあえずレベル2の精霊装まではかなり早く作れるようになりました。

前回のイベントはレベル3は疎か頑張ってレベル2まで上げることですら大変だったのでこれもありがたいですね。

レベル3までは頑張ればいけそうというのはモチベが上がりますね。

はやく精霊装魔鏡技使いたい....。

 

デイリーミッションの追加

デイリーでAP30の消費で毎日交易品が150個ゲット出来ちゃいます。

これにより毎日ミッションをこなすだけで2850個の交易品が貰えちゃうわけです。

11周とちょっとですね。

精霊装イベントは時間との戦いですのでありがたく頂きましょう。

 

詠唱90%リタが作りやすくなった

これは精霊装イベントとはさっぱり関係ないのですが塔の改修で誰でも高速タイダルで周回しやすくなったのも大きなポイントです。

今回のイベントもバッチリタイダルが弱点ですのでオート操作でも爆速でクリア出来ちゃいます。

敵の強さもタイダルであっさり溶けるくらいの耐久なのがありがたいですね。

リタの魔鏡も持ってないよーという方でもこのようなイベントの周回のために高速タイダルリタを育成しておく価値は大いにあると思います。

 

とりあえずこんな感じですね。

 

今回精霊装が作りやすなったのはもちろんハイパーインフレしている交易品ドロップの多さですので素材集めイベントとしても破格においしいイベントです。

最低限精霊装を作っておけばボーナスは確保出来るのでさっぱり装備がないという方でもガッツリ交易品をドロップできるというのが〇です。

これだけおいしいイベントが来たということはそろそろ術技強化6段階目が実装されるんですかね:(;゙゚'ω゚'):

オバレ魔鏡並に法外な量のマテリアルを請求されそうな感じはあります。

恐ろし。

 

後々後悔しないうちに程々に石を割りつつ周回頑張りましょう٩(´・ω・`)و

 

それではノシ